個人輸入でルボックスのジェネリック

ルボックスのジェネリックを個人輸入

「うつ病、社会不安、強迫性障害」の薬

不安で憂うつな悩みを打ち消しても、何度も頭に浮かぶ症状を「強迫性障害」といいます。
この「強迫性障害、うつ病、社会不安障害」を改善してくれる薬が「ルボックス(ジェネリック:ファベリン)になります。
ルボックス

 

強迫障害の中には、ある思考や衝動、心象を繰り返し、頭に浮かんでくる強迫観念と、ある行為を繰り返し行ってしまう脅迫行為があります。

 

強迫観念の例として、「汚染、不潔、病気、死、性的な観念、暴力な観念」など、これらの観念が打ち消しても何度も頭に浮かんでくることです。
ukandekurukoto.png

 

脅迫行為の例は、手を洗う、順番に並べる、確認する、数を数える、祈る、声に出さずに言葉を繰り返すなど。

 

強迫観念にかられて、脅迫行為が起こることも多く、最もよくみられるのが汚染恐怖から何度も何度も手を洗うことです。
teworau.png
風呂に入るのさえ不潔に思え、入浴できなくなることもあります。

 

それ以外に、外出の時に火の元の始末や鍵のかけ忘れが不安で何度も確かめる、不安のために外出できなくなってしまうこともよくみられるケースがあります。

 

強迫障害は、慢性的になりやすく、ストレスがあると悪化する傾向があり、脅迫行為などを感じたら、すぐに改善を図ることが重要になります。

 

 

そこで、服用しているのがルボックス(ジェネリック:ファベリン)になります。
ルボックス2

 

ルボックスの詳細について>>>

 

 

 

強迫性障害の薬「ルボックス」

強迫性障害やうつ病、不眠症などの要因として、脳の一部であるセロトニンが密接に関係してきます。

 

脳内の情報は、神経伝達が電気的に伝わり、神経の末端で次の神経に情報が送られます。

 

この部分にセロトニンが大きく関係し、神経末端からセロトニンが大量に放出されることで、神経と神経の間、いわゆる神経物質に出され、それがシナプスの神経の膜にある受容体と結合し、次の神経に情報が伝わることで、「意欲、やる気、集中力」などが高まります。
takamaru.png

 

しかし、この大事なセロトニンの量が低下すると、うまくコントロールができず「強迫性障害、うつ病、不眠症」が起こってしまうわけです。

 

そこで、ルボックスを服用します。

 

ルボックスの成分であるフルボキサミンマレイン酸塩は世界で初めてのSSRIとして、成人に対する「強迫性障害、うつ病、社会不安障害」などの適応される薬として、日本を含む約100ヵ国以上で販売されています。

 

ルボックスであるSSRIは、従来の三環系・四環系抗うつ剤と比較して、より選択的に効果を高め、セロトニンを増やし、なおかつ副作用が少ないところが注目されています。
nouwotakameru.png

 

ルボックスを服用することで、セロトニンを再取り込みする役割であるセロトニントランスポーターの働きを抑制します。そうすることで、脳内シナプス間隙のセロトニン濃度が高まり、神経伝達が活発になり、結果として、「強迫性障害、うつ、社会不安障害」などの改善にに効果を発揮してくれます。
 

 

ルボックスを個人輸入

ルボックスの購入についてですが、日本国内の病院から処方を受けることもできますが、私は個人輸入を利用しています。

 

個人輸入でルボックスを購入するメリットとして、

  • 送料、手数料無料
  • 処方せん、適用なし
  • ジェネリックのルボックスが購入できる
  • ポイント還元で割引サービスが受けられる。

 

最初は、病院で処方を受けていたのですが、毎月の通院がなかなか大変で「移動費、待ち時間」など、ちょっとした悩みを感じていました。

 

それに対し、個人輸入を利用しルボックスを購入すると、簡単で薬価が安く購入することができます◎

 

国内の病院と個人輸入で販売されているルボックスの薬価を比較すると、

販売先

用量

価格

病院 ルボックス25mg 36.1円
病院 ルボックス50mg 65.2円
病院 ルボックス75mg 85.7円
個人輸入 ルボックス100mg 65円

 

今までは、病院から処方されていたルボックス50mgを1日2回に分けて服用していました。現在では、個人輸入でルボックス100mgを購入しているので、服用する前に1錠を分割して、朝50mg、夜50mg分けて服用しています。

 

 

単純に、個人輸入だと「65円」も安く利用することができます。
もしかしたら「たかが65円」と思う人もいるかもしれません。でも、これが1週間分や1ヶ月分になると、かなりの価格になると思います。

 

それから、どうして個人輸入だと薬価が安くなるかと言うと、ジェネリックのルボックスを購入するからです。
rubokusu2.jpg

 

ルボックスは発売されてから10〜15年以上立っているため、物質特許が切れ、他の医薬品会社が同じ有効成分や効能などで製造、販売することできます。

 

最初に開発されたルボックスは、実験や試験を重ねて生み出された医薬品、そのために薬の値段が高くなります。それにたいして、ルボックスのジェネリック(ファベリン)は、開発までの実験や試験などのコストがかからないために、安く販売することができるわけですね。

 

つまり、病院で販売されているルボックスとジェネリック(ファベリン)の「商品名、製造会社」は異なりますが、一番重要になる成分は同じ「フルボキサミンマレイン酸塩」になるため、「効果・作用」は同じになります。

 

 

強迫性障害やうつ病、不眠症などの改善にルボックスが効果を発揮してくれます。しかし、病院からの処方は「価格が高い、時間がかかってしまう」・・・そんな人に個人輸入を利用するというのも一つの手段になると思います。

ルボックスのジェネリック個人輸入

 

数量

価格

手数料

個人輸入

1箱30錠 2,000円 送料無料 購入はこちら>>>
1箱30錠×2 3,280円 送料無料 購入はこちら>>>

 

 

ページの上へ