ルボックスの成分「フルボキサミンマレイン酸塩」

ルボックスの効果

強迫性障害、うつ病、社会不安障害の改善薬として利用されているのがルボックスになります。

 

ルボックスは、抗うつ薬の中でSSRIに部類され、1999年にアッヴィ社より発売されました。現在私が服用しているのは、ルボックスのジェネリックで、成分は同じフルボキサミンマレイン酸塩が含まれています。

 

このルボックスの役割としては、セロトニンを増やす、活発にしてくれます。逆に、「強迫性障害、うつ病、社会不安障害」などに悩んでいる人は、セロトニンの量が少ないということになります。

 

男性、女性も、小学生から中学生をさかいに、セロトニンの量が低下するとされています。中年以降だと半分以下になるために、どうしても「うつ病、不安障害、不眠症」が起こりやすくなります。

 

そこで、ルボックスを服用します。
効果としては、脳に直接働いて環状の調節を行っい、セロトニンを増やしてくれます。

 

抗うつ薬のSSRIでは、このようにセロトニンを増やすことで、悩んでいた部分を改善してくれるのですが、このルボックスの特徴的な部分としては、「成分を高容量まで使える」ところです。

 

たとえば、パキシルは40mg、ジェイゾロフトは100mgまでと添付文書に明記していますが、ルボックスの場合は、1日50mgを初期用量とし、1日150mgまで増量することができ、なおかつ年齢・症状に応じて適宜増減することができます。

 

このSSRIなど、抗うつ薬の中で「増減が可能」というのはルボックスなど成分フルボキサミン マレイン酸塩だけだそうです。

 

これは、症状が重い「強迫性障害、精神疾患、強いうつ病」などの治療に利用ができるからです。

 

 

ページの上へ