他の抗うつ薬、SSRIと比べ副作用が少ない

ルボックスは副作用が少ない

ルボックスが他の抗うつ薬やSSRIと異なる点としては、副作用が比較的少ない所です。
たとえば、今までの抗うつ薬である三環系に起こりやすい「口の渇き、薬のニガミ、便秘」などが少ないです。

 

ただし、ルボックスを服用する最初の1〜2週間は多少は口の渇きは起こるとされています。この口の渇きの要因としては、脳内の神経伝達に存在するセロトニンを増やすだけでなく、他の体内の臓器にも多少の作用が起こるために口の渇き、それから便秘、胃の痛みなどが起こってしまいます。

 

しかし、このような症状が起こるというのは、裏を返せば、セロトニンの量が増えているという証にもなるために、副作用が多少発症しても、すぐに服用をやめるのではなく、ある程度は経過をたどることが重要になると思います。

 

ただ、ルボックスを服用する人にも個人差があり、効果がある人もいれば、そうでない人、副作用が強くなる人もいるために、長期間に私、副作用(吐き気、口の渇き、食欲不振、便秘、下痢、眠気、不安感、イライラ感)、を感じたり、一度服用を止めて、担当の病院などに相談を持ちかけることが大切になると思います。

 

 

ページの上へ