水と一緒に服用する意味

ルボックスを水と一緒に服用数る

これはルボックスなど抗うつ薬にだけに言えることではありませんが、薬を服用するときは、水と一緒に飲むことを心がけたい所です。

 

飲み薬は約150〜200mlのコップ一杯程度の水、それからぬるま湯です。なんだか水と一緒にルボックスを服用するというのは単純に「薬を飲みやすいから!!」と、考えるのですが、確かに、水と一緒だと飲みやすいのですが、薬を今でしっかりと到達してくれる効果があるためです。

 

逆に、ルボックスだけを服用していると、十分な水を飲まないと、いろいろな不具合が起こり、理想的な効果が出なくなります。たとえば、薬だけを服用することで、胃まで到達せずに喉に詰まってしまうことも多々あります。

 

そのまま薬が解けずに、粘膜に潰腸を作ってしまうこともある、出血などの原因になることもあるために、心がけたい所です。

 

もう一つが、水と一緒に溶けることで体内に吸収されやすくなるために、その分効果も高まります。少量の水だと薬が溶けにくいので、吸収率が低くなったり、時間がかかりやすくなります。しかし、水やぬるま湯だと、薬をコーティングした状態で、吸収してくれるために、他の栄養分と混ざらずに、そのままの効果を発揮してくれます。

 

 

ページの上へ