再発が起きても大丈夫な心意気

再発した時の治療

「強迫性障害、うつ病、社会不安障害」など、抗うつ薬の一種であるルボックスを服用することで、セロトニンの量を増加させ、完治することができます。

 

しかし、精神的病気のため、どうしても再発しやすく、繰り返す人も多くみられます。その時に、早期に対処すれば大丈夫ですが、そのまま放置することで、症状が悪化する可能性もあるために、気づいたらすぐに改善を図ることが重要になると思います。

 

症状を何回も何回も繰り返すことで、ストレスに敏感に反応しやすくなり、以前よりも小さいストレスが連発し、再発することもあります。それから、前回よりも治まるまでの期間が長引く傾向も。

 

自分の中で「もう二度と再発しない」「再発するわけがない」と、思い込むことも一つは重要だと思いますが、逆に気持ちが強すぎて、症状が起こることもあるために、まずは少しでも違和感を感じたら、受診をすること。

 

そして、再発したと判断したら、休養することから始め、全階治療した薬を服用し、同じように治療を始めるのが一般的となります。

 

どうしても、「強迫性障害、うつ病、社会不安障害」が再発すると「また同じことの繰り返しか、何度も同じことが起こるのでは?」っと、ついつい弱気な心になってしまうのですが、症状にかかる人はもともと頑張り屋さんが多いので、再発の要因も少し頑張りすぎてしまっただけなのだと思い、前回も治ったんだから、今回も簡単に治せる!!っという希望を持ち、前向きに対処することが、改善の一歩につながると思います。

 

 

ページの上へ