諦めないことが大事

強迫障害とうつ病

毎日が楽しかった若いころなのに、年を取るたびにどんどんと不安で憂鬱な日々が重なってしまいます。このままだと本当に嫌な日々が繰り返しやってきて、「どうでもいいや」と投げやりになってしまいそうです。こんなことではいけないと思いながらも、結局はどうしようもないことになってしまいます。

 

そのために、病院などで処方されている強迫性障害薬のルボックスを使用する人がいます。最近ではインターネットの通販を利用する人がいますが、あくまでも個人的な利用をするよりもまずは病院で診察を受けてからの処方が重要になります。

 

強迫的な症状が起きるのは、特に落ち込みが数週間以上続く場合であり、うつ病の場合、強い落ち込み、が起こり、どんどんと続いた場合に悪化しやすくなります。

 

落ち込みの万人となった問題が解決すれば気分が良くなると重いますが、うつ病の一つである脅迫障害などはなかなか改善が難しいのが特徴的です。そのために、治療薬を服用するわけですが、あくまでも薬を服用すれば徐々に完治するわけではありません。薬の作用により、セロトニンやドーパミンを一時的に増やす作用があるために、精神を一時的に落ち着かせることが出来るわけであり、元の自分を取り戻せているわけではありません。

 

完治というのは、薬を使わずに、今までの自分に戻ることなので、薬を服用しつつも、うつ病から抜け脱ことが重要になります。

 

まずはうつ病が起こった原因を追求し、そこから乗り越えようという意志が大事になります。どこかで諦めようとか、無理だという考えがあると、どんなこともできなくなります。だれだって辛くなるようなことはあるものなんですが、底から這い上がることで、生きがいというものがほんわかと見えてくるはずなので、少しずつでも良いので、乗り越えようという意志を自分で上げていくことが重要になります。

 

そうすることで、最終的には薬を使わずに、徐々に乗り越えることが出来るはずです。

 

 

ページの上へ