一人よりも周りと一緒に暮らす

一人だと甘えてしまう

10代の頃は一人暮らしを憧れる人は多いと思う。しかし、以外にも一人暮らしになると、うつ病になる人が多いそうです。

 

なおかつ、一人暮らしをしている人が、うつ病を発症すると、より症状が進行することがわかっているために、できることなら実家に戻るのがいいのかもしれませんね。

 

一人で自宅療養でもいいので、まずは一人でクラスのを避けること。

 

どうしても生活リズムが乱れてしまう。うつ病で気力が失い、いつまでも床に入っていて、夜は目が冴えてしまうことになりがち。身の回りのことをする余裕もなく、生活がだらしなくなることが多い。それから、長時間家に閉じこもっていると孤独感が苛まれ、当然ながら、症状の改善どころか、精神的な部分が深刻化してしまいます。

 

 

一人暮らしになると、身だしなみが乱れ、孤独感が強くなり、生活のリズムが乱れやすくなる。一人だと、衛生状態も悪化し、食事管理もバラバラです。

 

一番怖いのが、アルコールによる依存症ですね。
つらい思いをして、アルコールに溺れてしまうと、誰もコントロールすることができなくなります。

 

最終的には、うつ病の大きな問題が深刻化し、自殺に結びつく恐れも。

 

もし、実家に帰れる状況であれば、できるだけ実家に帰り、療養をすることが一番になるかと思います。

 

 

ページの上へ